豊胸とは

主な豊胸方法について

豊胸には様々な方法があります。
主にヒアルロン酸注入法、脂肪注入法、プロテーゼ法の三つです。
ヒアルロン酸注入法はメスを使わず手軽に行え る豊胸法でプチ整形に分類されます。
注射器でヒアルロン酸を注入することで胸を大きくする方法です。
術後のダウンタイムもほとんどなく、定期的な 通院なども不必要で、
痛みや注入部の腫れも起こりにくいのが特徴です。
しかしヒアルロン酸 は徐々に体内に吸収されていくので効果が一時的 です。
個人差がありますが半年~1年で全て吸収されてもとの胸に戻ってしまう事もあります。
脂肪注入法は、体の余分な脂肪を吸引して胸に注射器で注入する方式 の豊胸です。
体の脂肪量と比べて胸だけ小さい方向けの手術方式で、
ダイエット効果も得られる豊胸方法です。
しかし、一般的に胸に脂肪が定着するのは 40~60%と言われている上、
吸引した脂肪が全て胸に注入できるわけではありません。
1カップ分サイズアップしたい場合、1カップ分以上の脂肪を吸引しなければ ならない上、
一度に吸引できる脂肪の限度量は決まっていますので、大幅なサイズアップは難しくなります。
プロテーゼ法とは、バックプロテーゼ法とも呼ばれ、 胸の中に人工のバックを入れて大きくする方法です。
胸に入れる人工のバックには材質や形状など様々なものがあるため、
好みの形やサイズのものを入れて胸 の形を作ることが出来、手術前にイメージしたとおりの胸に近づけることが出来ます。
プロテーゼ法では胸の大幅なサイズアップをすることもできるため、
もと もと胸が小さめで胸のサイズを大きくアップさせたい方に向いている方法でもあります。
使用するバックによっては寿命があり、10年~15年ごとにバックの入れ替えを しなければならないことや、
バックを入れた部分の体内組織がバックを異物とみなしバックの周りを締め付けてしまう「カプセル拘縮」が起こり、
胸が硬くなっ てしまう事もあることが欠点です。
このように、それぞれの豊胸方法でメリット・デメリットがあります。 他には豊胸情報サイトとか見てみると良いですよ。

豊胸の紹介

豊胸手術を受けるという選択

豊胸手術の方法

生理食塩水バッグによる豊胸手術の体験談

豊胸の体験談1

豊胸手術は自分を積極的にさせる

豊胸の体験談2

どれがいいかな?豊胸手術比較

豊胸手術の体験談

シリコンバッグ利用タイプの豊胸手術の費用について

豊胸手術の金額感

豊胸手術における後遺症とその原因

豊胸手術の後遺症